世紀東急への株主提案(2021年)に関する特集サイト
弊社の株主提案が可決し、配当性向100%が継続する場合の株主が得る想定リターン
1,550円以上(※)
※計算の詳細は“今年の株主提案について”をご参照下さい。

積み上がり続ける自己資本と低下し続けるROE

  •  世紀東急の自己資本は、2014年3月期から2020年3月期にかけ、3倍弱まで積み上がりました。これにとどまらず、世紀東急は、2021年3月期に向けて自己資本を37,500百万円まで積み上げる中期経営計画を策定し、2021年3月期末現在ではこの計画さえも超える40,790百万円まで自己資本を増加させました。
  •  また、積み上がる自己資本を背景として、ROEは低下傾向にあります。2021年3月期のROE目標は前中期経営計画において11.7%程度となっていましたが、過去20%を超えていたROEは徐々に低下しています。(※)
  •  (出所:QUICK ASTRA MANAGER及び有価証券報告書より弊社作成)
  •  
  • ※ 世紀東急は、2021年3月期までは税務上の繰越欠損の計上により税負担が少ない上、特別損益の計上によりROEが大きく変動しているため、各年度の法定実効税率を用いて算定した税引後経常利益ROEも表示しています。なお、2018年3月期及び2019年3月期のROEは、独占禁止法関連損失引当金による影響で特別損失を計上したことから、大きく低下しています。また、2020年3月期のROEは、独占禁止法関連損失引当金の戻入による影響で特別利益を計上したことから大きく改善しています。そして、2021年3月期はミャンマー連結子会社の減損損失を計上したことから、税引後経常利益ROEは改善した一方、ROEは低下しています。
  •  
  •  直近の自己資本比率は51%まで高まっており、過去最高水準を毎年更新しています。なお、世紀東急は、2013年3月期以前は財務状況が悪化していましたが、2014年3月期以降の財務状況は正常に戻っているといえます。
  • (出所:QUICK ASTRA MANAGERより弊社作成)
  •  
  •  自己資本が積み上がる1つの理由は、少なすぎる株主還元です。世紀東急の株主還元方針は、2021年3月期まで総還元性向30%でした。つまり、利益の大部分が自己資本として積み上がり、過去最高水準の自己資本比率がさらに高まることを意図した資本政策だったといえます。
  • (出所:QUICK ASTRA MANAGER、有価証券報告書及び2021年5月12日のプレスリリースより弊社作成)
  • 株式会社ストラテジックキャピタル
 
PAGE TOP